エンジョイ! ミュージック&ライフ!!

新型コロナのおかげでたくさんのものが破壊されました。

​そんな中、

ちょっとだけでも元気が出るようなページを作ってみたいと思いました。

​レッスンに来て下さっている皆様のご紹介やお寄せ頂いたコラム

講師からのおススメやあるある、びっくり、ほぉ~、などなど・・

を月替わり(予定)で掲載して行きます。

魅力たっぷりなページに乞うご期待!!

スクールノートブック

  10月号メニュー

​ レッスン生ご紹介 

    Yくん&Kくんごきょうだい

​ コラム:ビビッときた曲

♪ばっくなんばー

レッスン生ご紹介​

Yくんはドラム。

Kくんはピアノ。

ごきょうだいです。

先に始めたのはYくん。

続いて弟のKくんがレッスン開始。

二人そろって「こんにちは!」

と扉を開ける姿が

とても可愛いのです。

kくん&Yくん

KくんYくん_edited.png

🎹Kくん🎹

Kくん1_edited.jpg

小さな2つの手で

一生懸命演奏しています。

宿題以上におうちで練習してきて

あれよあれよと

上手くなっています。

​これからがとても楽しみ😃

🥁Yくん🥁

Yくん4_edited.jpg

とても性格の良いお子さんです。

そして。イケメンです!

(写真では分かりにくいですが)

この先、ドラムが

もっともっと上手になれば・・

​鬼に金棒!!ですね😄

ごきょうだいアルバム~ライブ風

Kくん2_edited.jpg

くんに聞いてみました

ピアノのどこが好き?

音が好き。

高い音もひくい音も。

夏の公開レッスンの感想は?

えーと、わすれちゃった

​はずるは解けたよ!

​*はずるは

素敵なデザインの知恵の輪で

公開レッスン記念品です。

大きくなったら何になりたい?

大工さんになりたい。

自分のおうち、

気に入ったおうちを

​作りたい!!

くんに聞いてみました

​今までのレッスンでお気に入りの曲は?

GReeeeNの「キセキ」

夏の公開レッスンの感想は?

「ひまわりの約束」が

好きな曲だったので

とても楽しかった。

これからやりたいことは?

いろんな曲に挑戦したい!

Yくん2_edited_edited_edited_edited_edited.jpg
Kくん3_edited.jpg
Yくん3_edited.jpg

コラム

ビビッときた曲 

私(マリ講師)は緑色が好きだ。

このコラムのバックの色や

ウタマロクリーナーの様な緑色。

昔は,

ミドリムシ、

と呼ばれていた京王線に乗り通学し

(各停の車体が緑だった)。

緑の服ばかり着ていた。

雑貨から服、カバン、傘、何でも

緑色のものに目が行ってしまう、

まるで緑病(今は完治!)。

発表会にゲストでお願いした

かつての仕事仲間長谷川弘人さんが

若い時、

まるちゃんワンタンメン超!気に入って

1か月食べ続けた、と聞いたときには

あほじゃこいつ、と思ったけれど

自分も同じ穴のムジナでした。

自分にはどうも

1点執着する体質があるのだ、

ということを最近もつくづく感じる。

なにしろ、

テトリスのようなゲームをこつこつ

1~2年やり続けていたし(今は卒業)

ラストウィンドウ、

という2DSゲームに魅了され

(主人公とストーリーが良いのです)

こちらは細々と3年もやり続けている。

先の長谷川さんやトシヤ講師と一緒に

作曲家いずみたく先生の事務所で

全国各地を回りつつ

コンサート等をしていた若い頃。

本番前のリハーサルでの音響チェックで

音響さんがテスト用に流した曲に

一瞬でビビッときた時も

そうだったのでした。

長期の地方公演は

とても楽しくてそしてちょっぴり辛い。

ずーっと同じメンバーで一定期間過ごし

同じ繰り返しの毎日は

​こんなに大好きな舞台と人たちでも

息継ぎがしたくなる。

そんなある日、会場リハーサルで

ある曲が大音量で流れてきた。
 

澄んでいて、かつ力強い歌声

迫力のサウンド。

一瞬で

体の中のすべてが浄化されました。

「何て曲ですかっ!!」

音響さんが

「This Is the Time」

歌:デニス・デ・ヤング 

いいでしょ~~😁と、

得意顔で教えてくれました。

東京に帰って早速新星堂にGO!

ありました! 1枚だけ!!

「Back To The World」というタイトルで。

その中に燦然と輝く

「This Is the Time」✨

 

♪今この時、再生の時・・

と歌うこの曲は、それから数年間

「お出かけ前気合い入れ曲」

であり、

「帰宅後のリセットすっきり曲」

としてひたすら

架けられ続けたのでした。

この曲は

様々な場面で私を救ってくれた曲。

恩人なのです。

さすがに今は時々聞くくらいで

熱烈に聞き続ける事は無いのですが

いつも胸の底に流れていて

落ち込んだ時、下向きの時に

体の底から流れてくる。

そんなビビッと曲なのです。

Dennis De Youngさんは

​アメリカのバンド

スティクス(Styx)の元ボーカルです。

猫のデッサン