エンジョイ! ミュージック&ライフ!!

新型コロナのおかげでたくさんのものが破壊されました。

​そんな中、

ちょっとだけでも元気が出るようなページを作ってみたいと思いました。

​レッスンに来て下さっている皆様のご紹介やお寄せ頂いたコラム

講師からのおススメやあるある、びっくり、ほぉ~、などなど・・

を月替わり(予定)で掲載して行きます。

魅力たっぷりなページに乞うご期待!!

スクールノートブック

  5月号メニュー

​  レッスン生ご紹介 

       高橋弘子さん

​コラム:赤っ恥大歓迎

       ~トシヤ講師青春編

♪ばっくなんばー

​レッスン生ご紹介

お詫び

弘子さんの写真を撮るのを

忘れてしまいましたー!

​しばらくお待ち下さい。

たかはし  ひろこ

高橋 弘子さん

上條音楽教室ちゃんねるにて

弘子さん作詞の曲を2曲掲載させて頂きました。

もともと、国語が得意! とか

     詩や作文が好き! 

という事は無かったそうです。

でも、きらりと光る素敵な言葉を紡がれて。

詩人・高橋弘子さんに

​詩のひらめきやその他いろいろ、

お聞きしました。

DSCF3071 (2).JPG

自然を歌った詩が多かったと思います。

日々、自然を良く感じられているのですか?​

散布すると自然を感じます。

旅行で遠くに行く、というより

住んでいる街を散歩をするのが好きです。

あちこち歩くと心が広がる気がします。

こんなに美しい地球に住んでいるのだと

嬉しくなります。

どんな場所で詩を作るのですか?

机に向かって創作します。

一気に書き上げ、

その後、1週間見直します。

初めと終わりは

すぐイメージ出来、書けますが

​中間部分で悩みます・・。

ご自分に作詞・作詩の

隠れた才能があった事をどう思いますか?

詩を作れるとは思っていませんでした。

上條先生から作詞してみませんか、

と言われて何とか一つ作り、

そこまでかなぁと思っていましたが、

しかし、ある日ふと次の詩が浮かびました。

自分の人生の中で心の底に残っているものが

ねむっていたのかな、と思いました。

曲が付いて歌が完成したときの気分は?

私の詩が、

「こんないい曲になったんだ!」

​と、喜びを感じます。

弘子さんの作った詩の一部です。

☆鳥の行動をみつめる

 「鳩」「つばめ」

☆大自然の美しさ、壮大さを描いた

「素晴らしいはじまり」「無限のつながり」

☆ご主人への思いを綴った

​「いつか、きっと」「散らした思い出」

その他

赤ちゃんへの温かいまなざしの詩

汚れていく地球への懺悔の詩

日々の些細な心の痛みの詩など

まだまだたくさんあります。

​こつこつと時間をかけて作られた傑作です。

コラム

赤っ恥大歓迎~トシヤ講師青春編

トシヤ講師はかなり料理が上手いです。

相当、助かってます!!

若い時から上手だったようで

バンドメンバーとシェアハウスしていた頃も

マメに食事を作っていたようです。

​そんな頃のおはなし。

シェアハウス住人

ベーシストY氏の証言

俺らあの頃、

バンドで一軒家を借りて

それぞれが一部屋ずつ使って、

DKのダイニング部分が

練習スペースだったんだな。

料理は出来るヤツがやる、って感じで

当番制でも何でも無かったけど

もめごとも無くうまく回ってたな。

でもトシボ(あだ名。とし坊やの略)が

食事作ってたことが多かったな。

あいつ、マメだし美味いんだよ。

殆ど野菜だったけどな。

ある時、外から帰ってきたら

台所から魚を焼くにおいが。

トシボが魚を焼いてるぜ!

うまそうな匂いに

バンドメンバーもわらわら集まってきた。

「おっ! 今日はひものだな。」

トシボに声を掛けたらあいつ、

くるりと振り返ってにっこり一言。

「なあ、この、みりんって魚、美味いな🧡」

「は?・・・・・」

みりんって魚??

こりゃ「アジの開き」だよなぁ・・

メンバー一同、一瞬フリーズ。

あ!!

「トシボ、この魚の名前、なんだ?」

「みりん」

・・嗚呼、やっぱり・・!

台所は笑いの渦と化してしまった!

ちょっくら、

バンドめんばーとして

ベーシストとして

真実を教えてやらにゃいかん!

「あのな、こりゃ<アジ>だ

 みりんで味付けしてるんじゃ。分かったか」

「え??」

・・トシボの奴、

おいらを哀れみの目で見てるぞおい。

「見て見ろ、

 パックにみりん干しって書いてあるぞ。

これは<みりん>て魚の干物だ!」

嗚呼!!

バンドメンバー一同、

 窒息しそうになってるぜ!

・・・・・・

その後、みんなの説得によってようやく、

みりんって魚がいないことを理解したトシボ。

「そういえば、みりんって魚、

 水族館でも図鑑でも見たことないな・・」

だろ?

まったく君は

​愛すべきどらまーだよ。

猫のデッサン